杉並-甲州街道-府中19kmウォーク&ラン(前半:杉並区内)

ウォーキング東京23区

2023年12月24日(日)晴れ,-2℃~9℃

日本海側では寒気のピークはすぎたが、まだ湿った空気の影響で雲が広がり雪や雨が降った。太平洋側では高気圧に緩やかに覆われて晴れる所が多かった。八王子では、連日の氷点下となり、日中の最高気温も10℃に届かなかった。

桜上水駅~荒玉水道通り

12月24日10時55分、京王線桜上水駅に降りた。桜上水駅は世田谷区内だが、北口から少し北へ進むと、すぐに杉並区に入って、甲州街道を横切って、ここからまっすぐ北へ延びる荒玉水道道路(都道428号)を進んだ。この荒玉水道道路の地下には世田谷区の砧浄水場から板橋区の大谷口に送水するための水道鉄管が延長17km埋設されており、このうち7.7kmが直線道路で都内最長となっている。水道道路では地下の水道施設を守るために4tを超える大型車両の通行は禁止されている。

水道道路を北上して、神田川、京王井の頭線、井の頭通りを横切って、大宮八幡宮前に着いた。

大宮八幡宮

水道道路と方南通りとの大宮八幡宮前交差点を横切って、大宮八幡宮の境内に入った。(2.0km)20分~30分
大宮八幡宮は、源頼義により建立され、武蔵国の三大宮の一つで「多摩の大宮」「東京のへそ」とも呼ばれ、多くの参拝者が訪れる。

境内では、正月の準備が進められていた。茅の輪くぐりをして、本殿に参拝した。

杉並区塚山公園

大宮八幡宮を出て、方南通を南西へ向かって、西永福駅の西側踏切を渡って神田川に着いた。
神田川沿いの遊歩道を上流へ向かって、鎌倉橋の南西にある塚山公園に入った。
ここには、縄文時代に10戸ほどの竪穴住居群があった下高井戸塚山遺跡がある。約11500年前~3300年前の縄文土器や約3万年前の石器も発見された。

神田川流域は太古から暮らしやすい所だった。今日は、少年野球チームの年内最後の練習と打上げが行われるところだった。(3.8km塚山公園)51分





コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました